ご訪問頂きありがとうございます。応援のためポチっとお願いします。

ロードバイクランキング




④おすすめのパーツや携行品

作業着ブランド「ワークマン」発のサイクルジャケットがコスパ最強です!

更新日:

こんにちは。ラディアンです。

作業着でコスパが高いのはワークマンですよね。

全国展開しているのですが宮崎には2019年12月現在店舗がなくさびしい限りです。

ワークマンplus

最近ではワークマンplusというアウトドア、スポーツ、レインウェアのサブカテゴリで新ブランドを展開していますね。

 

「働くプロの過酷な使用環境に耐える品質と高機能をもつ製品を、
値札を見ないでお買い上げいただける安心の低価格で届けたい」

全国800店舗以上を展開するワークマンが商品開発に込めている思いを、
今度は日常生活の中で提案するとのこと。

アウトドア向けアイテムの FieldCore(フィールドコア)
スポーツウェアの Find-Out(ファインドアウト)
防水機能で雨にも強い AEGIS(イージス) を中心に、
冬の防寒、夏の対策など高機能ウェア新展開。
なんといってもワークマンの強みは「低価格なのにプロが認める機能性があること」。

これらの商品はワークマンプラス専用商品ではなく、
全国800店舗以上のワークマン各店舗でも販売しており、
有名ブランドの1/2~1/3の価格で提供されています。

コスパ最強!!WORKMAN (ワークマン)で揃えるサイクルウェア

 

これからいっそう寒くなるこの時期にクロスバイク、ロードバイクといったスポーツバイクを始めようと思っている方や、冬も練習を続けたい方に朗報です!!

WORKMAN (ワークマン)では、コスパ・性能・デザインと三拍子揃ったサイクリングで使うことができるウェアを購入することができます。↓↓↓↓↓気になる方は画像をクリック(公式オンラインショップ)↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

その名は

MOVE ACTIVE CYCLE JACKET

一番目立つディティールは背面の大きなベンチレーション。長時間に及ぶことが多いサイクリングでは体温調節が最重要案件。特に背中は体温を放出する役割があるのでベンチレーションがあると体温調節がかなり楽になります。 また、自転車用ウェアには必須である腰後部のポケットももちろん備えられています。ジップ付きのポケットもあるので小銭や鍵などの貴重品の収納に最適です。ファスナーポケットには反射するリフレクターラインも備わっています!

その他、風でのばたつきを抑える細身のシルエットや夜の自転車には欠かせないリフレクター、冬場の冷たい風の侵入を防ぐサムホールなど機能は大充実。これで税込み2,900円とはなんとも嬉しい限りです。

↓↓↓↓↓気になる方は画像をクリック(公式オンラインショップ)↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

サイズ展開は4種類

サイズ M L LL 3L
着丈(後ろ) 70 72 74 76
肩幅 44 45 46 47
袖丈 72 73 74.5 75.5
胸囲 106 110 114 118
対応胸囲 84~92 90~98 96~104 102~110
対応身長 160~170 170~180 175~185 175~185

商品のサイズについて
●肩幅・胸囲・着丈・袖丈・裄丈・首回り・ウエスト・胴囲・股下は商品の「仕上がり寸法」です。「仕上がり寸法」は、実際に商品を計測したサイズです。
●対応胸囲・対応身長・対応胴囲は「ヌード寸法」です。「ヌード寸法」は、衣類未着用時の身体サイズです。

カジュアルシーンにも馴染むデザイン

自転車用のウェアは個性的なデザインの商品が多く、一般的なカジュアルウェアとの相性が良くないものが多いのですが、

MOVE ACTIVE CYCLE JACKETは普通のナイロンブルゾンとしても着られるシンプルなデザインが魅力です。

カラーバリエーションは5色

イエロー、ブルー、ブラック、シルバー、ネイビーの5色です。

↓↓↓↓↓気になる方は画像をクリック(公式オンラインショップ)↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

収納式フード搭載!

首周りの襟周りがフードを収納している分だけ分厚く、風の抵抗でヨレヨレになってしまって邪魔になったり呼吸がしにくい首周りよりよいですね。ちなみにフード自体が大きくはないので、ヘルメットの上からかぶることはできません。フードを被った上からヘルメットは被れます。

ベンチレーションは背中と脇の下

背中のベンチレーションとは別に、両脇下にもメッシュ加工(ストレッチ性抜群)が施され、通気性の向上を担っているので、より一層、ムレを外へ逃がす工夫がされています。

袖口がサムホール加工!

袖口部分が長く手の甲あたりまで覆えるように設計され、その途中に穴が設けられており、その穴に親指を通せるようになっている構造で、真冬のライドでも袖口から冷気が入りにくくなっています。

↓↓↓↓↓気になる方は画像をクリック(公式オンラインショップ)↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

ワークマンがサイクリングをする人のために開発した「MOVE ACTIVE CYCLE ジャケット」についてご紹介しました。

この商品はコスパに優れ、非常に高機能です。こういうウェアを安く買えるのは、ありがたいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 




-④おすすめのパーツや携行品

Copyright© 令和の時代もサイクリングは最高! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.