ご訪問頂きありがとうございます。応援のためポチっとお願いします。

ロードバイクランキング

④おすすめのパーツや携行品

サイクリストに朗報!GPSサイコン エクスプローバ もコスパが高いね!

台湾発のサイクリングコンピュータブランド 「エクスプローバ」って知ってますか?

Xplova は、ハイエンドなサイクリングコンピュータの設計と製造を専門とし、高度なテクノロジーと卓説したユーザーエクスペリエンスを統合してグローバルなサイクリングコミュニティに提供することを目指す企業です。

「Xplova」は、英語の「explore(探索)」とスペイン語の「va(行く)」を組み合わせた造語で、「探索し前進する」ことを意味します。挑戦し続け、追求し続ける精神が、Xplova の原点です。

Xplova は、2008 年に台湾で、サイクリングとアウトドアスポーツの 愛好家グループによって設立されました。

2015 年に IT 企業の巨大グループである Acer (コンピューターメーカで有名)の傘下に入り、それ以来、Xplova 製品の設計に組み込まれるテクノロジーは急速に高度化しています。

Xplova は、サイクリング愛好家がともに探索し、汗をかき、笑い合えるソーシャルネットワークを提供するべく取り組んでいます。(XplovaのHPより引用)

この記事では、Xplovaのサイクリングコンピュータを二機種ご紹介します。

以前の記事で紹介したBrytonのサイコンのように コスパの高さが 気に入りました。

(以前の紹介記事)

サイクリストに朗報!GPSサイコンBryton Rider 860はコスパが高いね!

台湾発のサイクリングコンピュータブランド 「Bryton」ブライトンって知ってますか? 2020年にUCIワールドツアーに昇格したイスラエルのプロサイクリングチーム「ISRAEL START UP N ...

続きを見る

私のサイクリングコンピューターはもう6年になり、HRセンサーの調子が悪くなってきました。私はそろそろ替え時ですのでこれも検討中です。

ラディアン
Xplova も魅力的な気がしますね。ワクワクしますね。

高コスパ(Amazon:21,735円)台湾発 サイクルコンピューターメーカーのXplova-X3とは?

Xplova-X3とは?

高い安定性と操作性を実現したGPSサイクルコンピューター。
■太陽光の下でも見やすい高解像度カラーディスプレイ。
■長いバッテリー寿命と大容量ストレージ。
■使いやすいルート設定。
■Xplova Connectアプリで数回タップするだけで、サイクリングデータを Strava、TrainingPeaks、Xplova (専用アプリ)にすばやくアップロード可能。
■ANT+に対応し、各種センサーを追加することで様々な計測値を表示できます。※
※全ての機能を利用するには別途パワーセンサーなど、対応した機器が必要。

【主な本体特長】
●カラーディスプレイ
高解像度2.2インチ(240x320ピクセル)半透過型カラーディスプレイを搭載し、屋外での使用に最適
●複数の衛星システムによる正確な測位
X3はGPS、GLONASS、BeiDouの衛星に対応して、どんな場所でも現在位置をすばやく正確に特定
●道を案内する
ダイレクトのウェイポイントナビゲーションにより、使いやすく便利に。さまざまなニーズに対応(ルートはPCからのUSB接続による転送必要)
●長いバッテリー寿命と大容量
X3は、カラーディスプレイの同ランクのGPSサイクルコンピュータの中で、バッテリー持続時間が最長。フル充電で最長20時間、省電力モードでは最長27時間持続するという優れもの。また、X3は最大700時間分のサイクリングレコードを保存可能。空き容量を増やすために頻繁に削除する必要なし
●ANT+とBLE対応
心拍数モニター、速度センサー、ケイデンスセンサー、コンボ(速度とケイデンス)センサー、パワーメーターなどのANT+センサーに対応。80以上のパフォーマンスデータをX3 に記録できます。BLEを使用すると、X3がサイクリングデータをXplova Connectアプリにすばやく転送して、パフォーマンスをモニター

(Xplova-X3 技術仕様)

寸法 54 x 85 x 22 mm
重量 80g
ディスプレイ 2.2 インチ
ディスプレイタイプ ボタン付き半透明型カラーディスプレイ
ディスプレイ解像度 240 x 320 ピクセル
バッテリー 充電式リチウム電池
バッテリー持続時間 最長 20 時間(GPS 3D-Fixed/BLE およびバックライトオフ)低電力モードで最長 27 時間
入力 5V Micro-USB
バッテリー充電時間 5 時間でフル充電/走行中も充電可能
防水等級 IPX6
動作温度 -10°C ~ 40°C
GPS 高感度 GPS/GLONASS/BeiDou システム
ナビゲーション ウェイポイントナビゲーション
内蔵センサー 温度計、気圧高度計
インターネット接続 BLE 4.0
データ転送 BLE/USB 経由
メモリ 64MB(最大 700 時間分の履歴を保存)
データフィールド 各データページに最大 10 件のデータ(80 件を超えるパフォーマンスデータから選択)
ANT+ 対応 HRM チェストベルト、スピードセンサー、ケイデンスセンサー、コンボ(スピード&ケイデンス)センサー、パワーメーター
※各種センサーは別途
Xplova Connect Android 5.0 以上、iOS 10 以上、BLE 実装
言語 日本語対応
パッケージ内容 Xplova X3 本体
Micro-USBケーブル
バイクマウントキット
クイックスタートガイド
保証書

 

Xplovaのさらにおすすめポイント

エクスプローバのサイクルコンピューターのマウントは、ガーミンのエッジシリーズとも互換性があります。

たとえば今までガーミンのエッジを使っている方でも、ガーミン対応のアウトフロントマウントに普通に装着できます。

走行中に外れるようなこともありません。

もしガーミンのエッジシリーズから乗り換える場合でも、ヘッドユニットだけ交換すればバイク側の使用環境は整いますね。

Amazonで見る

ドライブレコーダーにもなるサイクルコンピューター「Xplova X5-Evo」

映像を録画するカメラにもなり、もしもの際にはドライブレコーダーにもなるXplova(エクスプローヴァ)のサイクルコンピューター「X5-Evo」を次にご紹介します。

このクラスになると5万円ほどに値段も良くなりますが面白い機能がついています。

「Xplova X5-Evo」動画撮影機能

サイクルコンピューターにHD解像度(720p/30fps)のカメラを搭載したX5-Evoは、走行距離やスピードなどを測定するとともに、ライディングシーンを動画で記録できます。

 

 

 

 

近年はサイクルコンピューターとアクションカムの両方を自転車に装備している人も増えていますが、X5-Evoなら1台でどちらの使い方もできますね。なお、データや動画は内蔵メモリー(8GB)に記録されるので、編集やデータ共有を行いたい時にはスマートフォンを本機と接続し、アプリ上で行います。

スピード、パワー、心拍数で起動する自動録画トリガーを設定すれば、ペダリングに集中したまま、気持ちが引き立つ瞬間を逃すことなく撮影する事ができます。

 

 

 

数時間に及ぶサイクリングシーンを、数秒間の魅力的なビジュアル作品として残す事ができます。

ドライブレコーダー代わりにもなる循環録画機能もあります。市街地を走る機会が多い方にはおすすめですね。

 

「Xplova X5-Evo」サイコン機能

X5-Evoで記録できる主なデータは、速度、平均速度、移動距離、移動時間、ルート、高度情報。

データの記録はスタートを押して行うが、GPSで移動を検知すると「記録を開始しますか?」というメッセージが表示されるようになっているので、記録をし忘れることはありません。

なお、タイヤの回転から速度や距離を計測して「ANT+」で本体に送るサイクルコンピューターもあるが、X5-EvoはGPSとロシアの通信衛星GLONASSで走行距離と速度を測定する仕様となっています。

ただし、ANT+通信規格にも対応しているので、センサーを別途用意すればワイヤレス接続での記録も可能です。

もちろん、心拍計など各種センサーの接続に対応しているので、ハートレートモニター用のチェストベルトやスピードセンサー、パワーメーターなどを用意すれば、より細かいデータを記録できます。

「Xplova X5-Evo」ナビ機能

ルートを記録したり、現在地を確認するための地図(日本国内)はプリインストールされていますが、オンライン(Wi-Fi接続)で世界中のマップをダウンロード(無料)することもできます。

X5-Evo単体では目的地を指定してナビゲーションしてもらうことはできません。

ナビ機能を使いたい場合は、スマートフォンのアプリ「XplovaConnect」または「Xplova Video」でルートを作成し、そのルートをX5-Evoに送信しておく必要があります。

(Xplova-X5Evo 技術仕様)

寸法 110 x 62 x 23 mm
重量 120 g
ディスプレイ 3インチカラー
ディスプレイタイプ 半透過型
ディスプレイ解像度 240x400 ピクセル
バッテリー 充電式リチウム電池
バッテリー持続時間 約 12 時間(Wi-Fi/バックライトオフ、GPS 3D-Fixed)
入力 5V Micro-USB
バッテリー充電時間 5 時間でフル充電/走行中も充電可能
防水等級 IPX7   Micro-USB の挿入口は閉じておく必要があり
GPS 高高感度 GPS/GLONASS デュアルシステム
内蔵センサー 温度計、気圧高度計、アンビエントライトセンサー(環境光センサー)
メモリ 1G MRAM/8G Flash
データフィールド 各データページに最大 10 件のデータ(80 件を超えるパフォーマンスデータから選択)
ANT+ 対応 ハートレートモニター チェストベルト、スピードセンサー、ケイデンスセンサー、コンボ(スピード&ケイデンス)センサー、パワーメーター、シマノDi2
※各種センサーは別途
Xplova Connect Android 5.0 以上、iOS 10 以上、BLE 実装
言語 日本語対応
パッケージ内容

Xplova X5 Evo

自転車用取り付けキット、ストラップ、Micro-USB ケーブル

クイックスタートガイド、保証書

ラディアン
Xplova X5 Evoも魅力的なモデルですね。

動画が撮れるのは魅力ですね。

Amazonで見る

まとめ

  • 台湾のサイコンメーカーXplovaから発売されているX3はコスパが高く、ANT+に対応していて、GARMINのマウントシステムにも対応していますので、GARMINユーザーも違和感なく使用できますね。
  • X5Evoは少々値段が張りますが、動画撮影機能は魅力的ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

あわせて読みたい

サイクリストに朗報!GPSサイコンBryton Rider 860はコスパが高いね!

台湾発のサイクリングコンピュータブランド 「Bryton」ブライトンって知ってますか? 2020年にUCIワールドツアーに昇格したイスラエルのプロサイクリングチーム「ISRAEL START UP N ...

続きを見る

-④おすすめのパーツや携行品
-, , ,

Copyright© 令和の時代もサイクリングは最高! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.