ご訪問頂きありがとうございます。応援のためポチっとお願いします。

ロードバイクランキング

③大会出場記・大会案内・走行記

2020年2月23日天皇誕生日の鵜戸神宮往復走行記

2020年2月23日天皇誕生日の鵜戸神宮往復走行記

こんにちは。

今回は久々にボッチ走でなくグループ走で、日南海岸ライドのお話です。

大学時代の同級生のN倉君の職場の元同僚で、ランもできるアスリート看護師女子、M田さん、そして、2019年のツール・ド・おおすみでご一緒した、Kいちさん、そしてWさん(男性2人)の4人です。

天気は雲一つない快晴、日焼け止めをたっぷり塗って、集合場所の宮崎県総合運動公園に向かいます。すでにM田さん、Kいちさんはその近くのファミマに到着、そしてWさんも合流して、この4人では初のグループライドとなりました。もう一人来る予定の、私の大学の後輩、F田くんは、急用で来れないとのこと。どこに行こうかー、という話になり、鵜戸神宮に行きましょう、っていう話で決定しました。

10時過ぎに、運動公園を出発

運動公園から、車の入ってこないトロピカルロードに入り、青島に向かいます。コロナウイルスの感染者は宮崎からはこの日の時点では出てないためか、天気が良く連休の中日というのもあって、観光客や車が多く、青島では参道のルートを避けて、国道220号に入ります。堀切峠も観光客でいっぱいです。

鵜戸神宮のサイクルラック

20km/hくらいのゆったりペースでも12時過ぎには鵜戸神宮の駐車場につきました。8%くらいの駐車場手前の200mくらいの坂はちょっとしんどかったです。

看護師アスリートのM田さんは、最後の坂をアウターのまま上がってしまい、足をついたみたいです。

 

 

 

 

 

ベルギーワッフル

ここで、グレートアースでは鵜戸のエイドで名物の魚うどん(ぎょうどん)っていう、魚のすり身で作ってあるうどんを堪能したいと思ったのですが、レストランがなく、ワッフルで遅めのランチまでつなぐことにしました。中国発の新型肺炎が猛威を振るっていますが、この鵜戸神宮にも中国や韓国の観光客はいたようで、われわれは栄養補給をすますと人込みかを避けて早々に帰路につきました。

 

 

 

 

 

鵜戸灯台へちょっと寄り道

鵜戸神宮の参道の道端に鵜戸埼灯台が建っています。

 

石灯籠をモチーフにしているちょっと珍しい灯台ですね。

 

 

 

 

 

旧サボテン公園下の旧道

こちらはがけ崩れで一時不通になっていた旧国道ですが、適度にアップダウンがあって、日南海岸の中でもベストな景勝地です。

 

 

 

 

 

 

参加者の愛車たち

それぞれの愛車はGIANT(ホワイト, M田さん), GIOS(ブルー, Kいちさん), BIANCHI(チェレステ, Wさん)、そして私 TREK(ブラック)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遅めの昼食は、サイクリスト御用達の南風茶屋へ。

14時過ぎに、サイクリスト御用達の内海、南風茶屋へ。この時間でもお客さんが多かった。うどんはすでに終わってましたので、私はかつ丼、ほかの皆さんは、定番のチキン南蛮定食。

御飯がふっくらして、かつ丼もうまくて、皆さんもチキン南蛮をおいしそうに完食していました。

(食べログ:南風茶屋

 

 

 

 

 

 

最後に堀切峠で撮影会

それぞれの愛車はGIANT(ホワイト, M田さん), GIOS(ブルー, Kいちさん), BIANCHI(チェレステ, Wさん)、そして私 TREK(ブラック)

 

またまたここでも撮影会開催。観光客の皆さんは気を使ってよけてくれましたー。ありがとうございます。

 

まとめ

今回は初めてのパターンの4人ライドで楽しく走れました。 距離75km 獲得標高921m 平均速度17.7km/h, 消費カロリー1721kcal by STRAVAでした。皆さんありがとうございました。

-③大会出場記・大会案内・走行記

Copyright© 令和の時代もサイクリングは最高! , 2020 All Rights Reserved.